居抜き撤退・造作売却・閉店のことならお任せ!

居抜き店舗を直接買取りできるのはテンポバックスだけ!

積極買取エリア 関東地区:東京23区,駅前立地/関西地区:梅田,難波,福島,京橋,天満,神戸,三宮/東海地区:名駅,栄,金山,刈谷,四日市

※2017年5月現在

2,782

43

テンポバックスなら スムーズな閉店・造作譲渡

店舗の撤退を検討しているが、いつ・どこで・何をしたらよいのか、分からないと悩んでいませんか?

テンポバックスは、今までお客様の店舗売却・買取のサポートに取り組み、蓄積した経験から作り上げた独自のノウハウにより、居抜き取引実績が2,500店舗を超えた現在も、さらに経験を積み上げ、最新・最善の手法を常に追求しています。
閉店する・しないに関わらず、お客様の店舗の今後について、少しでも不安があるのなら、まずは、テンポバックスにご相談ください。

店舗の売却・譲渡をお手伝い

店舗の売却、譲渡をお手伝いします! こんなことでお悩みの方は、テンポバックスにご相談ください。 閉店しようか悩んでいる リース機器の売却もしたい 相談してから造作譲渡を検討したい 解約・造作譲渡の交渉をしたい 周囲に知られずに売却したい 他社に売却依頼をした物件の造作売却をお願いしたい 解約予告を出してしまった物件の売却をしたい 居抜きでの売却をご検討の際は、まずはテンポバックスにご相談下さい

お気軽にご相談ください!

WEB相談申込み24時間受付中

お申込みはこちらから

お電話でのお問い合わせは

0120-339-410 受付時間:平日9:00~18:00

▲TOPへ戻る

テンポバックスと他社との違い

ご相談から契約まで、全てプロにお任せください。

店舗の売却は、買取希望者様のご紹介、大家様の承諾、諸条件の調整、全てが成立して売買となります。ひとつでも成立しない場合、店舗を閉めたいのに営業を続けなければならない、家賃を負担し続けなければならない、という状況になってしまいます。当社なら、物件検索サイト「テンポバックス」への掲載、出店意欲の強いお客様へのご紹介とご提案、提携企業へのご紹介、不動産ネットワークへの情報開示など、あらゆる方法で売買成立に導きます。

直接買取はテンポバックスだけ!

当社は一都三県を中心に、現在全国で700店程の飲食店の経営をサポートしています。今期は140店舗の出店目標に対し、月間約12店舗の出店を行います。出店条件に合う店舗なら、直接買取ります。店舗の買取・売却については、テンポバックスにご相談ください。

手数料は一切かかりません

「売買代金の数パーセントが成功報酬としてかかる」、「1社独占で依頼をしないと手数料がかかる」、「サイトで売却情報を公開するのに月額費用が発生する」等、売主側に手数料を求める同業他社様が多く見受けられますが、テンポバックスは完全無料でお手伝いをいたします。 諸事情があって退店されるオーナー様に金銭的負担を負わせません。

成約数が違います

テンポバックスが居抜き物件に特化したビジネスを展開し始めてから積み上げた成約数は2,782店舗(2017年5月現在)になり、これはその中で蓄積したノウハウとともにどこの同業他社にも負けない実績です。店舗売却は買主さえ見つかれば万事解決と思われがちですが、さまざまな交渉相手が登場する大変難しい作業であるため、成約率は実績にこそ比例します。

居抜きのメリット ~店舗の閉店コスト~

通常閉店すると-100万円、売却すると+700万円 飲食店舗の閉店や移転なら、通常閉店よりも売却の方が圧倒的にお得! テンポバックスにお任せ下さい。居抜き取引実績10年超の専任スタッフが対応!!全て無料でお手伝いさせていただきます。安心してご相談下さい!!

お気軽にご相談ください!

WEB相談申込み24時間受付中

お申込みはこちらから

お電話でのお問い合わせは

0120-339-410 受付時間:平日9:00~18:00

▲TOPへ戻る

店舗売却までの流れ

お問い合わせ・売却のご相談 まずお客様のご要望を伺います。希望条件、売却価格、店舗の現状と賃貸借契約内容などをヒアリングし、今後の進め方をご説明します。 売却を迷っている方、今後の為に話を聞いておきたい方、何でもお気軽にご相談ください。 紹介と交渉。弊社スタッフが皆様の間に立って、諸条件を調整します。居抜きで店舗を譲渡するには、大家様との交渉、入居希望者の募集、リース物の清算、内覧会の実施、書類の作成など、面倒な交渉や手続きは全て代行しますのでご安心ください。

大家様・管理会社様への相談・ご承諾

賃貸借契約を確認した上で、造作の譲渡、次テナントの募集、今後の進め方について大家様のご承諾をいただきます。

出店希望者様への紹介

物件紹介依頼を頂いたお客様だけに極秘に紹介するべきか、WEBで大々的に公募するべきか、状況に合わせ、お客様と相談しながら最善の方法で紹介を行います。

出店希望者様へのご案内

出店希望者様に店舗内の設備・配置、残置・譲渡対象物を内見していただきます。

入居審査・最終条件の決定 出店希望者様の入居時期や条件、造作売買の詳細を固め、新たな入居希望者様の審査や面談などを大家様や管理会社と行い、最終的な条件を決定いたします。皆様の要望のすり合わせと、スケジュール管理・調整が重要です。 契約成立 現在の賃貸借契約の解約、造作売買契約、新たな賃貸借契約、全てが成立し、契約金の受渡し⇒物件の明け渡し⇒入居、と、進めるのが一般的です。ただし、大家様・売主様・買主様、それぞれのご要望・ご都合に合わせ、臨機応変に対応できるのは居抜き取引きのパイオニアである弊社だからこそなせる業です。

実録!店舗売却のトラブル事例

買い取る際には様々な注意を払わなければトラブルになりがちな居抜き物件ですが、実は売却の際もトラブルが潜んでいます。ここでは実際におきたトラブルをまとめました。
店舗売却トラブル事例1:売却した造作がリース物で、売却後、代金を一括請求された

売却した店舗資産にリース物が含まれており、後日リース会社から残期間のリース代金を一括請求された。また、何も知らずに買い取った買主がリース会社から請求を受け、その損害賠償を請求されたといった事例もあります。テンポバックスなら、今まで数多くのリース物の清算を行っているため、安心してお任せいただけます。

大々的に募集を始めると不特定多数の人が物件の視察に訪れます。内外装の写真を撮影したり、周辺で退店に関わる話をしたり、中には売却を予定している事実を知らない従業員様に直接閉店の事情や時期を聞いたり、造作の価格交渉を行う方がいるのも事実です。こういったことがきっかけで造作売買が成立する前に従業員様が退職してしまい、閉店⇒空家賃の支払いを余儀なくされた事例があります。テンポバックスは、秘密厳守で売買成立までサポート致しますので、ご安心してお任せください。

店舗売却トラブル事例2:営業中の店舗の売却情報が従業員に知られてしまい、売却前に閉店に追い込まれた
店舗売却トラブル実例3:貸主・管理会社が造作譲渡を認めてくれない

「造作譲渡先との話がまとまり、貸主・管理会社に承諾をもらいにいったが、譲渡を認めない、入居審査が通らない等の理由で、造作売買が成立しなくなっただけではなく、予告期間賃料と原状回復費用が掛かってしまった。」
大変お気の毒ですが、よくあるお話です。一般的な店舗賃貸借契約では、原状回復義務があり造作売買を認めていません。貸主それぞれの基準での入居審査もあります。業態・与信・賃貸条件など、現状と同等だからといって認めていただけるものでもありません。

嘘のような話ですが本当です。前述の通り、造作売買は基本的に賃貸借契約では認められておらず、それを行う際は当事者間の自己責任となります。造作売買契約を締結したからといって、入金前に安易に家主と賃貸借契約の解約、店舗の明け渡しを行ってしまったことにより店舗の契約は移管しているにもかかわらず代金が支払われないといったトラブルがあります。

店舗売却トラブル事例4:造作売買契約をしたにも関わらず、代金が支払われない
店舗売却トラブル実例5:明け渡した後に設備が故障し、売主責任を問われた

造作譲渡契約・賃貸借契約を終え、改装も完了し、メニューの試作・試食を行おうとしたらオーブンが点火しない、食器洗浄機が動かない、冷蔵庫が冷えない、冷蔵庫だと思っていたのに冷凍庫だった・・・。残念ながら、これもよくあるトラブルです。今動いているものが明日も動くという約束は誰にも出来ません。買主側だけのトラブルだと思われがちですが、売主の瑕疵担保責任が問われることがあります。

テンポバックスにお任せください。居抜き取引実績10年超の専任スタッフが対応!!全て無料でお手伝いさせていただきます。安心してご相談下さい!! 秘密厳守で売却成立まで導きます 営業中の状態で居抜きでの撤退をお考えの場合、従業員様、お客様、大家様、管理会社様、取引業者様・・・と、かかわりのある方々に知られず売却・譲渡をすすめたいとお考えになるのが一般的です。また、造作譲渡が成立するまでは撤退しないというケースも増えております。テンポバックスでは、御承諾頂いた情報のみを公開します。ご要望に合わせて、住所、店舗名、画像、詳細情報などを非公開にすることにより、店舗を特定されないように致します。さらに極秘での取扱いをご希望でしたら、完全非公開とし、弊社が出店計画をお手伝いしているお客様だけに直接ご紹介をすることも可能です。 交渉事はテンポバックスにお任せ下さい 居抜きでの撤退をすすめるにあたって、関係者へ連絡するタイミングや内容は大変重要です。お店が築いてきた関係も視野に入れながら進めなくてはなりません。・賃貸借契約の解約条件の決定・造作物の残置・売却・リース機器の清算・売却さらに、後々トラブルにならないよう、各契約書類の準備と確認も大変重要です。テンポバックスにご依頼いただければ、経験と実績のあるスタッフがお手伝いいたします。

テンポバックスなら スムーズな閉店・造作譲渡

店舗の撤退を検討しているが、いつ・どこで・何をしたらよいのか、分からないと悩んでいませんか?

テンポバックスは、今までお客様の店舗売却・買取のサポートを取り組み、蓄積した経験から作り上げた独自のノウハウにより、居抜き取引実績が2,500店舗を超えた現在も、さらに経験を積み上げ、最新・最善の手法を常に追求しています。
閉店する・しないに関わらず、お客様の店舗の今後について、少しでも不安があるのなら、まずは、テンポバックスにご相談ください。

お気軽にご相談ください!

WEB相談申込み24時間受付中

お申込みはこちらから

お電話でのお問い合わせは

0120-339-410 受付時間:平日9:00~18:00

▲TOPへ戻る